床工事

先日、弊社の賃貸管理物件で入居者が退去した時の出来事です。

 

室内に入ってみると・・・

なんとフローリングの表面が剥がれているではありませんか!

 

 

室内でキャスター付きのイスを使用していた結果

表面材が傷み、徐々に剥がれてきてしまったとのことでした。

 

このままでは次の方にお住まいになっていただくことができません。

補修屋さんに直していただくにも剥がれとその周りの痛んだ部分まで

補修する必要があり、広範囲の作業となることと、引っかき傷や凹み傷と違い

補修が難しいということでかなり費用がかさみます。

 

また、フローリングの部分張替えをするにも同じ素材や同色の物を探すのも難しく、

今回はオーナー様と相談し、床全体の経年による劣化状況と今後の耐久性も考慮して

フローアータイルという床材を全面に貼りました。

 

 

フロアータイルなのですが、素材は硬質な塩化ビニールの素材で

見た目は木製フローリングとほとんど変わりません。

強度もあり、傷もつきにくく、フローリングよりも安価で施工できるのが特徴です。

非常に綺麗に仕上がり、部屋全体もワンランクグレードアップした感じになりました。

 

今後も定期的に原状回復工事の模様をご紹介していきたいと思います。

 

 

勉強会のご案内



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

中古マンション経営勉強会

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

SNSでも情報発信中

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM