ANNEX・NEOのリフォームシリーズ

0

    本日は久々にANNEX・NEO賃貸管理物件リフォームシリーズとなります。

     

    弊社の管理物件は中古で仕入れ、お客様へ販売をしていますが、

    仕入れの時点ではほぼ全て物件において入居者が居住中で室内の状況が確認できません。

    分譲タイプマンションなので新築当時のパンフレットやインターネットでの情報の中で

    設備、仕様は大体わかりますが、使用状況による汚損、破損は入居者が退去してはじめてわかります。

    そんな中で本日は洗濯機置場の水栓の交換と、コンセントプレートの交換をご紹介します。

     


    まずは洗濯水栓です。

    築年数が浅めの物件ですと全自動洗濯機の給水ホースに対応した水栓スパウトが備わっておりますが、

    平成二桁前半築あたりの物件の場合まだ対応していない物件があり、

    洗濯機置場の水栓スパウト部分がゾウさんの鼻の様な古いタイプだったりします。

    このタイプですとホースが外れ水漏れ事故につながる可能性が高いのです。

     

     

    今回このスパウト部分に襟巻状のものが付いた、ホースの抜け防止対策の施されたものに交換です。

    さらには安全装置(自動止水機能)の付いたものとなりますので万が一ホースが外れた場合でも

    水が止まります。

     

     

     


    そしてもう一つはコンセントプレート交換です。
    特に壊れていた訳ではありませんが、プラスチック素材のため、汚れなのか、経年劣化なのか

    茶褐色に変色してしまっていたのでプレートのみ交換しました。

     

     

    コンセント全体を交換するのは配線を接続し直すため電気工事の資格が必要ですが、

    プレートのみの交換はカバーのみ取り外し、新品をはめ込むだけです。

    これだけで全体の雰囲気が変わります。

     

     

    といった訳でANNEX・NEOのリフォームシリーズ一部ご紹介でした。

     


    次回の中古マンション投資セミナー開催は ↓ ↓ ↓

     


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    中古マンション投資セミナー

    プロが教えるマンション投資。東京23区の中古ワンルーム

    投稿一覧

    投稿種類

    過去の投稿

    著書紹介

    プロフィール

    ブログ内検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM