民法改正と相続税 その

今回の改正で、遺留分を侵害された者は遺贈や贈与を受けた者に対し

遺留分侵害額に相当する金銭の請求ができるようになりました。

この改正で、遺留分減殺請求権の行使によって遺産の共有関係が生じ

事業継承等の支障となっているような問題が回避出来るようになりました。

 

その他改正として

婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する

優遇措置、自筆証書遺言の方式緩和や預貯金の払い戻し制度創設といった

相続法の改正もなされました(相続税法等の改正はありません)

 

来月の勉強会を実施します。



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

中古マンション経営セミナー

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM