ガラスの熱割れ

最近入居者様よりガラスにひびが入っているとの連絡が数件ありました。

事情を聞いてみると特に物をぶつけてしまった覚えもなく、

気づいたらひびが入っていたとのことです。

 

実はこれ熱割れといった現象なのです。

原因としてはガラス表面の温度差です。

特に冬に多いのですが、夜間の冷え込みから朝直射日光があたり始め、

日の当たる部分が膨張しガラスの端(サッシ枠部分など)は熱せられていなかったりして

ガラスが歪みひびが入る現象です。

他にもガラスの近くに暖房器具があり温風があたっていたり、

カーテンなどがガラスに触れていたりすることも原因になることがあります。

 

熱割れには特徴があり、ガラスの端(サッシ枠)から比較的直線的に1本から数本のひびが入ることが多いです。

物をぶつけた場合はクモの巣状にひび割れることが多いためある程度見分けがつきます。

 

そして熱割れが多く発生しやすいのが網入りのガラスです。

網が入っているためエッジ強度というガラスの端の強度が低くなってしまうのです。

網入りガラスは割れた際の飛散防止や防犯面には効果はありますが、

反面熱割れが起こりやすいという性質もあります。

 

そのままにしておくとだんだんひび割れもひろがり雨風が入り込んでくることもありますので

やはり交換が必要となります。

でも自分の不注意ならともかく自然に起きた現象により予期せず出費は痛いですよね。

 

しかしマンションの場合は自宅用、投資用問わず、管理規約上外部に面したガラスは共用部分であると定められていることが多く、

また、熱割れに対する交換費用は管理組合で加入している保険が下りる場合もあります。

もし熱割れが発生してしまった場合は管理規約で共用部分に分類されていることと、

加入している損害保険で対象の範囲となっているか管理組合に確認してみて下さい。

自己負担無く、または一部免責がある場合は少額の負担で交換できることがあるかもしれません。

 

 



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

中古マンション経営セミナー

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM