はんこ文化の終焉

長らく日本は「押印」という文化が続いてきましたが

今後は「はんこ」が不要な時代になりそうです。

 

6月19日 内閣府、法務省、経済産業省が公表した

「押印についてのQ&A」

によると

 

『私法上、契約は当事者の意思の合致により成立するものであり

書面の作成及びその書面への押印は、特段の定めがある場合をのぞき

必要な要件後はされていない。』

 

となっています。

 

そもそも、海外では

サインが主流となっており、押印という文化はありません。

 

ただ、コロナ禍の今

わざわざ印鑑の押印のために出社する時代ではなくなってきていますね。

 

今後は、契約の成立の立証で

メールでのやり取りで過程を記録し、

合意の証をパスワードロックし、

そのパスワードと文書を保存することで

成立する

 

のように、より簡単な方法に進化していくことが

予想されます。

 

不動産売買では、欠かすことのできない

「実印」と「印鑑証明書」ですが、

近い将来実印の押印が不要となる時代に

なっていきそうです。

 

 



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

中古マンション経営セミナー

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM