賃貸住宅管理業法制定

先月6日に『賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案』が閣議決定されました。
法案の概要としては1.サブリース業者と所有者との間の賃貸借契約の適正化に係る措置と
2.賃貸住宅管理業に係る登録制度の創設となりますが法案成立後1年以内の施行となります。
同法案はそれぞれ以下の点について規制がかかります。
1.については
・トラブルを未然に防止するため、すべてのサブリース業者に勧誘時や契約締結時に一定の規制を導入
・サブリース業者と共に勧誘を行う者(建築業者などの勧誘者)規制の対象となる
・サブリース契約時、勧誘時に故意に事実を告げない或いは不実を告げる不当行為の禁止
・契約締結前に重要事項説明等を義務付ける
2.については
・一定の管理戸数のある管理業者については国土交通大臣の登録を義務付ける
・登録業者には業務管理者として宅地建物取引士もしくは賃貸不動産経営管理士を配置する
・管理受託契約締結前に重要事項説明を義務付ける
・管理する家賃等について、自己の固有の財産等と分別して管理する
・業務の実施状況等について、管理受託契約の相手方に対し定期的に報告をする
売買市場では『管理を買え』とよく言われますが、
賃貸市場でも『管理で選ぶ』といった時代となり、

管理の重要性について認識が高まってきているようです。

 

 

マンション経営勉強会



カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

中古マンション経営セミナー

投資のこと、税金のことが学べる中古マンション投資セミナー

投稿一覧

投稿種類

過去の投稿

プロフィール

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM