マンションの賃料上昇

先日、日本経済新聞の記事で

マンション賃料3.6%上昇という見出しの記事がありました。

 

「東京カンテイ(東京・品川)が17日発表した2月の分譲マンションの平均募集賃料は首都圏で

1平方メートル当たり2,978円となり前月から3.6%上昇した」(引用:日本経済新聞)

と記載があります。

 

中でも東京23区内は、過去最高値を更新したようです。

 

コロナウイルスショックで株価も暴落している中、不動産の賃料は影響を受けることなく

安定しています。

先日、確定申告でお会いしたお客様も

「株はだいぶ下がってしまったけど、不動産収入は安定していて、本当に安心できる」

とお声をいただきました。

 

外的要因を受けにくい

それが不動産投資の大きなメリットですね。

 

p>