住・食・健

先週、発表された2020年春に卒業する大学生の就職内定率は

7月1日時点で過去最高の85.1%になったようです。

特に、理系では90.3%が内定しているとの結果でした。

 

各企業でも、人材確保するために福利厚生に力を入れており

中でも「住宅手当・家賃補助」・「社内食堂や昼食補助」

「人間ドックなどの健康診断」などが人気のようだ。

 

今まで地方にあった営業所、事業所も都心に移動したり

人気のあるエリア新規開業したりと人材確保に悪戦苦闘しているようです。

 

今後は、ライフサポート要素の強い福利厚生が求められるようです。

人気エリアでも社宅確保も重要度が高まりそうです。

 

東京17区のマンション経営のセミナーを今月も開催しております。

是非ご参加下さい。