災害対策

梅雨前線の影響により九州地方が記録的大雨となりましたが、
九州地方の広い範囲で総雨量300ミリ超えとなり、九州南部では800〜900ミリなど、
多い所では1000ミリを超える記録的は大雨となりました。


一部の地域では非難勧告を上回る非難指示まで発令されました。

現在雨は止んでいるようですが、これまでの大量の雨で地盤がかなり緩んでおり、
土砂災害の危険が高い状態が続いているとのことです。

 

弊社では約3年前熊本地震の時に、弊社代表と一部社員そしてグループの建物管理会社と合同で現地に行き、
被害状況の確認や、現地不動産管理会社に災害発生時の対応についてヒアリングするなど視察を行いました。

 

視察後持ち帰り社内およびグループ会社で共有し災害発生時の対応強化として
●情報収集班 ●安全、建物診断班 ●消火、救護班 ●防災グッズ、備品班を組織し、
建物非難状況チェックシートや避難場所マップを作成したり、防災グッズ(リュック)購入や防災訓練参加など災害発生の事前準備を行っております。

 

 

いつ予想外の災害に見舞われるか分かりませんので皆様も非常時に備えて事前の準備をお勧めいたします。

 

 

老後資金の準備については弊社セミナーにてご紹介しております。