人生100年時代の蓄え

皆様こんにちは 

 

先日、新聞掲載で気になった記事ですが

 

「人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案」

金融庁が22日、初の指針案をまとめた。

働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、資産寿命の延ばし方の心構えを指摘。

政府が年金など公助の限界を認め国民の「自助」を呼びかける。

などの記事が掲載されました。

 

人生100年時代と言われ始め

平均寿命が延びる一方、少子化問題などの要因で、年金支給額の維持が難しくなっているのが現状です。

こちらの記事では、「無職高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)」のケースで

現在年金収入だけで、家計収支は平均で月約5万円の赤字になってしまい

あと20〜30年生きるとなれば、現状でも1,300万〜2,000万円ものお金が必要になる計算になります。

実際に「本当にこんなにお金が必要なの?」と思う方もいらっしゃると思います。

ですが、これに近い金額が必要になってきているのも事実だと考えられます。

 

また、現役期に「少額からでも資産形成の行動を起こす時期」と呼びかけており

これからの人生をどう生活していくのか、今一度考える切っ掛けになればと思います。

 

弊社では、「中古マンション投資セミナー」の一部で

「人口と年金」についてや「老後の生活費」などもご説明しておりますので

是非お気軽にご参加ください。