資産運用にも「美しい調和」を

ハーモニーのイメージ

 

今日から、元号が「令和」になりました。
英語ではBeautiful Harmony(美しい調和)と紹介されているそうです。
バランスよく安定しているというイメージも思い浮かびそうです。
ということで、バランスのよい資産運用について改めて考えてみたいと思います。

 

結論から言うと「マンション投資」をメインにした分散投資が最適といえます。
資産運用のグラフ
長期的に安定した家賃収入が得られるので、余裕ができたら他の投資にチャレンジすることもできます。
例えば一攫千金を狙うかのように、ハイリスク・ハイリターンばかりに目を向けると、もしもの時にカバーすることが難しくなります。
預貯金は手堅い方法ですが、超低金利の今では預けた金額以上に増えることは皆無といえます。

《マンション投資のメリット》

  • ミドルリスク・ロングリターン
  • 長期的に安定した家賃収入(不労所得)
  • 管理運用はお任せで、手間がかからない
  • 政治や経済の影響を受けにくい

 

今後、働き方の見直しなどの変化がありそうですが、まずはしっかりとした経済的基盤を築いてみてはいかがでしょか?

 

追記
5月18日(土)、現役オーナー特別講演のセミナーを開催します。
不動産投資について超初心者だったサラリーマンが、一大決心をしてマンション経営を始めるまでのリアルな体験談を聞くことができます。
詳しくはセミナー開催情報をご覧ください。